ピロリ菌感染

HOME  >  ピロリ菌感染

  • 下記の項目に該当する方はピロリ菌に感染している疑いがあります

    胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、慢性胃炎と診断された

    胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、慢性胃炎と診断された家族がいる

    家族にピロリ菌感染者がいる

    幼少期の生活環境は上下水道が整備されていなかった

    過去にピロリ菌の除菌治療を行ったことがある

ピロリ菌感染とは

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは、胃の中に生息している細菌であり、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんの発症に深く関係していることが判明しています。ピロリ菌感染は、現在高齢者(幼少期に上下水道が整備されていなかった)の方に多く見られ、衛生環境の良し悪しによって感染率に違いが出ると考えられています。

ピロリ菌感染の症状

ピロリ菌に感染したことにより、直接的に症状が現れることはありません。しかし、上述の通りピロリ菌への感染は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんの発症に関係してくるため、これらの疾患に罹患することで症状が現れます。 具体的な症状としては、下記が挙げられます。

・腹痛
・吐き気、嘔吐
・腹部膨満感
・食欲不振
・体重減少

これらの症状が現れる前にピロリ菌感染の有無を検査し、感染した場合にはピロリ菌の除菌治療を行うことが重要となります。

ピロリ菌感染有無の検査方法

ピロリ菌感染有無の検査では、はじめに胃内視鏡検査にて胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がん、慢性胃炎を発症しているかどうかを診断します。その後の検査方法としては、内視鏡を用いて行う方法と、それ以外の方法があります。
<内視鏡により検査する方法>
①迅速ウレアーゼ試験
②鏡検法
③培養法

<内視鏡を使用せず検査する方法>
①抗体測定
②尿素呼気試験
③便中抗原測定

ピロリ菌の除菌方法

ピロリ菌の除菌方法は<1次除菌>と<2次除菌>があります。1次除菌でピロリ菌を除菌しきれなかった場合、2次除菌に移ります。

<1次除菌>
1次除菌では、胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)に加え、2種類の抗生剤(クラリスロマイシン・アモキシシリン)を1日2回、7日間継続内服します。この除菌法による除菌成功率はおおよそ70~90%と考えられています。

<2次除菌>
2次除菌では、1次除菌で使用するクラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更して、7日間継続内服します。2次除菌まで含めた際の合計の除菌成功率、95%程と考えられています。

ピロリ菌感染の可能性がある方は当院へ

ピロリ菌は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃がん、慢性胃炎の発症リスクを上昇させる危険因子です。症状が発症する前にピロリ菌有無の検査を行うことができれば、危険因子を取り除くことができます。
ピロリ菌に感染している可能性がある方は、ぜひ当院にてお気軽にご相下さい。

ピロリ菌感染の疑いがある方へ

ピロリ菌感染は症状が非常に強く起こるため、治療を行わずに生活することは困難です。内視鏡検査を受けアニサキスを摘除することができれば、症状は速やかに治まります。激しい腹痛や嘔吐、吐き気でお困りの方は、早急に当院までご相談下さい。

お電話でのご相談・お問合せはこちら

タップで電話がかかります!

0797-22-6666

  • 当日の診察・検査OK
  • 土・日も実施
  • 駐車場完備

(月、水、金、土)9:00-13:00/16:00-19:00
(火、木、日)9:00-13:00/
休診日:火曜午後・木曜午後・日曜午後・祝日午後

WEB予約はこちら

タップで予約ページへ!

WEB予約

  • 当日の診察・検査OK
  • 土・日も実施
  • 駐車場完備

(月~土)9:00-13:00/16:00-19:00
(日)9:00-13:00/
休診日:火曜午後・木曜午後・日曜午後・祝日午後