土・日曜の診察・検査も実施!!

完全
予約制
0797-22-6666

タップで電話がかかります!

新着情報

HOME  >  新着情報  >  夏バテにご注意!

夏バテにご注意!

2018.08.08

夏になると、暑さのせいで食欲が落ち、“夏バテ”になる方がおられますね。

夏バテの原因の一つに、冷たい食べ物の摂り過ぎによる胃腸の機能低下が挙げられます。

暑い日が続き、冷えた麺類で食事を済ませることが多くなっていませんか?

胃が冷やされて働きが低下するうえに、栄養不足も重なり、倦怠感が残ります。

今回は、胃の働きを活性化する食材と“夏の食べ方”のコツをお伝えします。

 

暑い時期の食べ方として、注意したい組み合わせは「冷たいビールと焼き肉」。

消化の悪い肉の脂を、冷たいビールと一緒に摂ってしまうと、さらに消化が悪くなります。

冷えたビールを飲みたいときは、温かい料理と組み合わせるなど、消化しやすいものや、胃を冷やさない食べ方が大切です。

また、夏場の発汗でビタミンB1が失われると疲労物質が溜まり、胃腸の消化力、吸収能力が衰えます。

ビタミンB1を多く含む、豚肉、枝豆、ゴマなどを摂りましょう。

特に豚肉は、南国沖縄の郷土食には必ず登場する、夏を乗り切る健康食材です。

体の熱を下げる効果もあるので意識して取るようにしましょう。

食欲がなくなったときは、食欲を回復させるトマトがおすすめです。

なるべく、冷やさずに常温で食べましょう。

すりおろしたタマネギのドレッシングをかければ、タマネギとトマトの好相性でビタミンB1の吸収率を高めてくれます。

それでも気力が出ないと感じるときは、消化のいいお粥やスープを摂ると良いでしょう。

疲れを取るにはタンパク質が欠かせません。

胃腸が元気になったら、カツオ、ウナギ、ドジョウなどを食べて、スタミナを補給することも大切です。

また、当院では点滴の処置もございますので、お気軽にご相談ください!

 

三宮や神戸の方々、また西宮や大阪の方々もご相談にきて頂きやすいように

夜19時まで診察時間を設けております。

駐車場も完備しておりますので、ご利用になられたい方はお電話にて
お申し付けください。

〈8月の休診日〉
11日(土)、14日(火)、21日(火)、28日(火)は休診日となります。

〒659-0066 兵庫県芦屋市大桝町1-25 アクセシオ芦屋1F
TEL 0797-22-6666


お電話でのご相談・お問合せはこちら

タップで電話がかかります!

完全
予約制
0797-22-6666

  • 当日の診察・検査OK
  • 土・日も実施
  • 駐車場完備

(月~土)9:00-13:00/16:00-19:00
(日)9:00-13:00/休診日:火曜/木曜午後診・祝日