土・日曜の診察・検査も実施!!

完全
予約制
0797-22-6666

タップで電話がかかります!

新着情報

HOME  >  新着情報  >  ピロリ菌検査で「陰性」でも…

ピロリ菌検査で「陰性」でも…

2018.05.13

胃がんの原因になると言われているピロリ菌ですが、感染の有無を調べる検査は血液検査を始め、尿検査や呼気検査など、さまざまな検査方法があります。

陽性反応(ピロリ菌感染)が出た人は除菌などの治療を行いますが、感染有無の検査をして「陰性」と出た方も安心してはいけません。

「ピロリ菌に一度もかかったことがない人」に関しては胃がん発症のリスクは減りますが、そうでない人も陰性になることがあります。

検査方法によって異なりますが、

◎過去に感染していて除菌済みの場合

ピロリ菌除菌後でも胃の粘膜は傷付いた状態である為、除菌後でも定期的に内視鏡検査を受けた方が良いでしょう。

◎以前、感染していたが自然に消失している場合

胃粘膜の萎縮が相当進んでいる場合、陽性の人以上に胃がんになる確率が高いので、内視鏡検査を短期間で受けることが必要です。

◎ピロリ菌に感染しているが、陰性と出る場合

陽性と陰性の境界値近辺、内服薬の影響や免疫状態、体質などによって「陰性」と出ることも起こり得ます。その為、定期的な内視鏡検査だけでなく、早急に除菌治療を行なう必要があります。

ピロリ菌検査で「陰性」と出たから大丈夫、と軽視するのではなく、感染の可能性を考えて別の方法でピロリ菌検査をしたり、実際に胃粘膜の状態を見れる内視鏡検査をしていただくことをお勧め致します。

 

三宮や神戸の方々、また西宮や大阪の方々もご相談にきて頂きやすいように
夜20時まで診察時間を設けております。

駐車場も完備しておりますので、ご利用になられたい方はお電話にてお申し付けください。
〈5月の休診日〉
15日(火)・17日(木)・22日(火)・24日(木)・29日(火)・31日(木)は休診日となります。


お電話でのご相談・お問合せはこちら

タップで電話がかかります!

完全
予約制
0797-22-6666

  • 当日の診察・検査OK
  • 土・日も実施
  • 駐車場完備

(月~土)9:00-13:00/16:00-19:00
(日)9:00-13:00/休診日:火曜/木曜午後診・祝日