土・日曜の診察・検査も実施!!

完全
予約制
0797-22-6666

タップで電話がかかります!

院長挨拶/プロフィール

HOME  >  クリニックの特長  >  院長挨拶/プロフィール

突然の別れをなくしたい
健康は自分の行動次第で変えられます

内視鏡検査を受けていれば防ぐこともできた突然の悲しみもたくさんあります。
それだけ、日本はがんで亡くなる方が多く、早期発見さえできていればと防げたケースもまた多くあります。
もっと気軽に内視鏡検査に来ていただきたい。
そんな思いで芦屋おく内視鏡クリニックを立ち上げました。
内視鏡検査を一度も受けたことのない方は特になんとなく
痛い検査・つらい検査だと思われがちですが、機材と技術によってはそのイメージではありません。
私たち芦屋おく内視鏡クリニックは、痛みの少ない内視鏡検査で短時間でリラックスして検査をしていただけます。
これまでに蓄積した知識と経験を活かして内視鏡検査を実践してまいります。

大腸がんに対する想い

痛みをおさえ
高水準の
内視鏡検査を

現在の日本では大腸がんは男女合計で罹患者数(大腸がんにかかる方)が第1位、死亡者数(大腸がんで亡くなる方)が第2位、特に女性においては死亡者数が第1位となっております(厚生労働省我が国の人口動態より)。
しかし検査、苦痛、恥ずかしいと敬遠され受診率が低いのが現状です。
そのような現状を考えると、大腸がん撲滅のために一人でも多くの方に大腸内視鏡検査を受けて頂けるよう、保険診療が主体の内視鏡専門クリニックを芦屋の地に開院させていただくこととなりました。

芦屋おく内視鏡クリニックのこだわり

働き盛りの
方々のために

当院の特長としまして、大腸内視鏡検査を受けられたその日に大腸ポリープ(腫瘍のポリープや早期がん)を発見すれば、その場で内視鏡切除を日帰りで行います。
大腸がんは早期に発見、診断、治療を適切に行うと、ほとんど100%完治いたします。
高水準の内視鏡機器・拡大内視鏡診断を駆使して1mmの大腸がんも見逃さない内視鏡検査を行います。

また内視鏡検査の際にはsedationといって鎮静薬や麻酔薬を用いて行いますので痛みのない検査が可能となります。
腸管を膨らませての観察を行うので、通常は苦しい検査になりますが、特別なCO2ガス使用のため、腸内のガス吸収がよく、検査後の腹部膨満感、不快な感じが全く残りません。

ぜひ芦屋おく内視鏡クリニックを
ご利用ください

がんになる前に
早期発見・予防を

大腸内視鏡検査を一度も受けたことのない方は当院までご相談ください。
不安だからこそ来院される患者様、その御家族の気持ちを少しでも和らげられれるよう、なんでもご相談、ご質問はお伺いいたしますので気軽に声をおかけください。

これまでに蓄積した知識と経験を活かして内視鏡検査、治療を実践してまいります。
スタッフ一同、ご来院をお待ちしております。
おく内視鏡クリニックを宜しくお願い申し上げます。

院長奥 久徳HISANORI OKU

資格・所属学会
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
経歴
  • 平成21年3月大阪医科大学医学部医学科卒業
  • 平成21年4月 市立堺病院 研修医
  • 平成23年4月大阪赤十字病院 消化器内科 入職
  • 平成26年4月関西電力病院 消化器科肝胆膵内科 入職
  • 平成29年5月 芦屋おく内視鏡クリニック開業