土・日曜の診察・検査も実施!!

完全
予約制
0797-22-6666

タップで電話がかかります!

スタッフブログ

HOME  >  スタッフブログ  >  過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

2017.09.01

お通じの悩みを持っている方はたくさんいらっしゃると思います。

お通じ(便通)の状態は、日によって様々です。

水分をとる量や汗をかく量、食事の内容によって変化します。

 

そして、非常に大きな因果関係に「ストレス」があります。

 

何ヶ月も腹痛や下痢、便秘を繰り返している方は、「過敏性腸症候群」の疑いがあります。

過敏性腸症候群は、まさにストレスによって便通異常を起こす状態です。

この病気は、腸の検査や血液検査でも異常がないのに症状が長引きます。

15%の方に認められ、特に日本人の20代から30代の若い方に比較的多いものです。

 

「学校や仕事がある平日は急に下痢をしたりお腹が痛くなるけれど、休日は便通に問題がない」

「便秘をしたり下痢をしたりする自分の体が心配で、いつも便通の事を考えてしまう」

 

など、心当たりがある方は過敏性腸症候群かもしれません。

 

下痢型、便秘型、混合型に分類され、特に下痢型は突然腹痛と便意を感じ、日常生活に不便を生じてくるため、不安も助長しさらに症状が悪化します。

 

 

過敏性腸症候群は、現代社会のストレス病と言っても過言ではありません。

・ストレスのない生活を送る

・便通について固執しすぎない

 

とはいえ、それもなかなか難しい事だと思います。

 

 

治すためには、食事療法や生活習慣の改善、内服治療を行います。

過敏性腸症候群に対してのよいお薬もあります。

症状に心当たりがある方や心配な方は一度ご相談ください。

 

 

 

*「過敏性腸症候群」セルフチェック*

 

□下痢や便秘が続いてる

□腹痛や腹部膨満感に悩まされている

□急に下痢でお腹が痛くなり、トイレに駆け込むことがよくある

□排便すると腹痛が和らぐことが多い

□下痢と便秘を交互に繰り返す

□排便後、残便感がある

□便秘がちで、ウサギの糞のような便が出る

□ガスがたまりやすい

□体重の変化はなく、食欲も普通にある

□すぐトイレに行けない状態で便意、腹痛が出る

□睡眠時や休日には症状がでない

□症状が1ヶ月以上持続している


お電話でのご相談・お問合せはこちら

タップで電話がかかります!

完全
予約制
0797-22-6666

  • 当日の診察・検査OK
  • 土・日も実施
  • 駐車場完備

(月~土)9:00-13:00/17:00-20:00
(日)9:00-13:00/休診日:火・木・祝